カタカナ英語の発音とネイティブの英語の発音は違うという事実

カタカナ英語の発音とネイティブの英語の発音は違うという事実

「button」は「ボタン」じゃない

鎖国が終わり、西洋文化がたくさん入ってくるにつれて、日本語にも多くのカタカナ英語が生まれました。

しかし、私たち日本人が普段当たり前にように使っているカタカナ英語が、ネイティブには全く通じないことがあります。

たとえば、「button」。私たち日本人は「ボタン」と発音します。

しかし、ネイティブは「ボタン」とは発音しません。あえて、カタカナで書くなら「バトン」もしくは「バトゥン」と発音します。

カタカナ英語とネイティブの発音は違う

「ボタン」と言っても、ネイティブには理解してもらえない可能性が高いんです。

別の例を挙げるなら、ハンバーガーショップで有名な「McDonald's」。

日本人は「McDonald's」を「マクドナルド」と言います。

しかし、ネイティブは「マクドォ〜ナルズ」と言います。「ドォ〜」に強いアクセントを置いて。

あなたが「マクドナルド」といっても、ネイティブはハンバーガーショップの「McDonald's」のことを言っているとは思わない可能性もあります。

だからこそ、普段から正しい発音、きれいな発音の英会話に触れる必要があります。

スピードラーニングなら常に正しい発音、きれいな発音の英会話に触れる環境をすぐに作れます!

健康なものを食べれば健康に、不健康なものを食べれば不健康に・・

人間は、健康なものを食べれば健康に、不健康なものを食べれば不健康になります。

普段からカロリーの高いものばかり口にしていれば太り、カロリーが低いものなら、たくさん食べてもそれほど太りません。

言葉の習得にも、これと同じことが言えると思います。

きれいな発音の英語を耳にすれば、きれいな発音の英語を発することができるようになります。

なまりの強い英語を耳にすれば、自分が発する英語もそうなってしまいます。

だからこそ、英語がちょっとできる日本人の英語で学習するのではなく、英語がネイティブの教材を使って、本物の英語を耳にできる環境を作ることが非常に重要になってくるのです。

きれいな発音の英語を聴けば、きれいな発音の英語を発することができる!

スピードラーニングならネイティブの本物の発音をいつもで聞くことができます!

海外で夢を実現したい人にとって一番の壁は英語に続く »