スピードラーニングで中国語会話を学習している河合さんにインタビューしました!

中国語学習 独占インタビュー
住吉美鈴 はじめまして!住吉美鈴と申します。
私は現在、中国語をマスターすることを考えています。
というのも、今後、キャリアップをするには、中国語の習得は必須だと考えているからです。
そこで、知人を通して、実際にビジネスの現場で中国人と中国語でやり取りをしている河合さんに中国語学習法についてインタビューさせてもらいました。

私の中国語学習は移動中がメインです!

住吉美鈴

では、さっそくインタビューをさせて頂きますね。まずは、河合さんのお仕事についてお聞きしたいと思います。河合さんは、どのようなお仕事をされているんですか?

河合良昭

私は製造業で営業マンをしています。当社も以前は日本の工場で製品を作っていたのですが、数年前から中国の工場で製品を作ることが増えてきました。
というのも、中国は「世界の工場」を目指して発展してきましたから、中国の工場で作ることによって大幅なコスト削減を達成することができるからです。

住吉美鈴

ということは、河合さんの場合、お仕事で必要だから中国語を勉強し始めたということですか?

河合良昭

そうですね。ただ、私の場合、語学学校に通ったり、教科書的なもので勉強はしませんでした。私の中国語学習は移動中がほとんですね。だから、あまり勉強という感じはないですね。

住吉美鈴

移動中に中国語を勉強しているんですか!?ということは、何か、中国語のリスニング教材か何かを聴いているということですか?

河合良昭

はい、そうですね。私は日本語を耳から覚えたように、中国語も耳から覚えるべきだと思っていましたので、リスニング教材からはじめました。
私が使っている中国語リスニング教材はスピードラーニングです。
プロゴルファーの石川遼くんも使っている教材ですね。遼くんは英語ですが。

日本語は耳から学んだ。中国語も耳から学ぶべき。

忙しいからこそ、この教材を選びました。

河合良昭

そもそも、私は普段、仕事が多忙で中国語教室などに通う時間が全くとれなかったんです。
でも、そこで中国語をマスターすることをあきらめてしまったら、会社の未来も自分自身の出世も望めません。
そこで、移動時間を効果的に利用したり、「ながら学習」をする方向を模索したんですね。

住吉美鈴

なるほど〜!「移動時間」と「ながら学習」を重視した結果、リスニング教材のスピードラーニングを選んだんですね。

河合良昭

仕事をしながら、新しい言葉を学ぶために語学教室に行くのって正直大変ですよ。。
ただでさえ、仕事が忙しくて家族との時間がなかなかとれない状態ですから。。
語学教室に通っても、仕事が忙しくて行けなくなったら、受講料が無駄になってしまいますし。

住吉美鈴

たしかに、それはそうですね。しかも、語学学校ってけっこう高額ですし。

河合良昭

はい。時間がとれる人なら中国語教室に通うのもありだと思いますよ。でも、私はどうしてもそういった時間はとれなかったので。
時間がないからこそ、「移動時間学習」と「ながら学習」ができるリスニング教材スピードラーニングを選んだわけです。
つまり、私にとっては通勤時間中が中国語教室ということですね。

通勤時間などに中国語のリスニング教材を聴いて移動中が中国語教室に!

20年間続いているロングセラー教材

住吉美鈴

なぜ、たくさんあるリスニング教材からスピードラーニングを選んだんですか?

河合良昭

まず、はじめてスピードラーニングの存在をはじめて知ったのは新聞広告ですね。私も営業マンをやっているので分かるのですが、新聞広告を出されている企業さんって、やはりしっかりしている企業さんが多いんですね。

住吉美鈴

つまり、語学教材としての信頼性ってことですか?

河合良昭

そうですね。あとは、スピードラーニングの英語版はすごく歴史があるんですね。なんと、1989年から販売し続けている教材なんです。今年は2010年なので、20年も続いているリスニング教材なんですね。
これも、私は営業マンなので分かるのですが、売れ続けているにはちゃんとした理由があるんですね。中身のない教材なら、たとえ流行しても数年で終わってしまいますから。
そういう意味では、ロングセラー教材としての信頼性を感じましたね。

ロングセラー教材としての信頼性

住吉美鈴

なるほど〜!駄菓子屋さんでも、老舗の方が美味しいですし、何度も食べたくなりますからね!

河合良昭

そうですね。なんでもそうですが、歴史って大事だと思うんですよね。そして、語学教材としての歴史があるスピードラーニングに中国語があることを知ったので、迷わず申し込みましたね。

日本語を話す時に文法って気にしますか?

住吉美鈴

語学の習得というと、単語の暗記や文法から入るのが一般的ですが、河合さんは単語や文法に関してはどうしているのですか?

河合良昭

私の場合、単語や文法に関しては、最初は一切勉強しませんでした。というのも、私は英語で挫折しているんですよね。。

住吉美鈴

といいますと?

河合良昭

日本の英語教育って文法重視じゃないですか。はじめに、文法ありきですよね。でも、私たち日本人が日本語を話す時に、文法って気にしないですよね?

住吉美鈴

確かにそうですね。全く気にしません。

日本語を話す時、文法は意識しない

河合良昭

そうですよね。でも、日本人って基本的に勤勉だから、真面目に英語を勉強してきましたよね。長い人なら中学、高校、大学の10年間も。でも、結果はどうですか?学校の英語の授業で英語を話せるようになった人ってほとんどいないでしょ?

住吉美鈴

ほとんどいないと思います。学校で勉強した英語は、試験用の英語という感じですよね。実際に英語を話せる日本人といえば、海外生活経験者や外国人の恋人がいる人だとか。

河合良昭

ですよね。ちなみに、日本人って先進国で一番英語ができない国民なんですよ。これって、もう、やり方が間違っているとしか思えないんですよね。これほど器用で努力できる国民性の日本人が一番英語ができないなんて。

住吉美鈴

たしかに、言われてみればそうですね。日本人ほど器用で努力家な民族っていないと思います。それなのに、なんで日本人は英語が苦手なんでしょう??不思議です〜。。

河合良昭

でしょ。私もすごく不思議だったんです。で、色々と自分の経験も踏まえ、考えてみたんです。
で、辿り着いた結論が、ただ単にやり方が間違っているだけだと。日本人が英語ができないのは、勉強法が間違っているからだと。やり方が間違っていたら、どんなに優秀な人でも、成果が出ないのは当たり前ですから。

住吉美鈴

なるほど〜。語学にかかわらず、スポーツでもなんでもそうですが、やり方が間違っていると成果はなかなか出ないですよね。

河合良昭

そうなんですよ。けっこう、これってポイントだと思うんですよ。
人って子供の頃から言われてきたことや、周りの多くの人が当たり前のようにやっていることって、疑いませんから。
でも、結果が出ないなら、今までのやり方は疑うべきなんですよ。「仮説→検証→改善」ってビジネスの現場なら当たり前のことなんですが、語学の習得になると、この当たり前のことがなぜかできなくなってしまうんですよね。

日本人が先進国で一番英語ができないのは勉強法が間違っているから。今までのやり方を疑うべき。

住吉美鈴

ということは、河合さんの場合、中国語を勉強する前に、「結果が出ないなら、今までのやり方は疑うべき」という当たり前のことを実践したということですね?

河合良昭

そうですね。英語を学ぶ時に当たり前だった「文法」や「単語・熟語の暗記」という方法を疑ってみたわけです。そして、自分が日本語を習得した過程をあらためて考えてみたんです。
すると、日本語は耳から覚えたということに気付いたわけです。だから、リスニング教材から始めることを選んだんですね。

そもそも日本語も耳から覚えましたよね?

住吉美鈴

確かに、私たち日本人が日本語を話せるようになった過程を振り返ると、耳から覚えることからはじまっていますね。

河合良昭

そうですよ。赤ちゃんは字も読めなければ、喋れませんから。でも、母親や父親が話しかける言葉やテレビなどから聞こえてくる言葉を耳にしながら、徐々にボキャブラリーを増やしていきますよね。

赤ちゃんはパパやママの声を聴いて言葉を覚えた。

住吉美鈴

最初は「ママ」「パパ」「ネコ」といった簡単な単語から。

河合良昭

そうですね。赤ちゃんは最初は単語から覚えていきます。「ママ」「おはよう」「パン」「食べる」といった独立した単語を覚えていきます。しかし、ある時から単語同士の組み合わせて、自分の意思を伝える方法を学んでいきます。たとえば、「ママ、おはよう。パン、食べたい!」といった具合で。

住吉美鈴

つまり、赤ちゃんが自分の意思を言葉で伝えられるようになる過程で、文法の勉強はしていないということですね?

河合良昭

その通りです!赤ちゃんは、すべて耳から聞こえてくる言葉から覚えているんです。単語も文章も。そもそも、字が読めないので、文法の勉強なんてできませんから。
だから、大人になって日本語以外の言葉を学ぶ際にも、同じように耳から覚えることから始めるべきというのが私の考えなんですよ。

住吉美鈴

最初は正直、「音を聴くだけで外国の言葉が話せるようになるのかなぁ〜?」と思っていたのですが、こうやって河合さんのお話を聞いていくと、耳から始める学習法ってすごく理に適った方法だと感じます!

河合良昭

そうでしょう!しかも、あまり勉強しているという感じがないので、楽しく続けられるんですよ。たいていの場合、外国語学習で挫折している人って、継続できていないことが原因ですから。だって、私たち日本人が日本語が使いこなせるようになるのにも、少なくても2〜3年はかかりましたからね。

スピードラーニング 9つの特徴

住吉美鈴

河合さん、ここで一度、河合さんが使っている中国語リスニング教材「スピードラーニング」の特徴をまとめてもらえますか。

河合良昭

分かりました!スピードラーニングには以下の特徴があります。

【スピードラーニング 9つの特徴】
  • 中国語を学ぶために新たに時間を作る必要がない。
    聴くだけなので、今の生活の「移動時間」や「ながら時間」を使えます。つまり、今の生活を変えずに、生活の中に組み込むことができます。リスニング教材なので家族みんなで楽しむこともできます。
  • 10日間の無料お試し期間がある。
    初回セットには10日間無料でお試しできるCDが入っているので、このお試しCDを聴いてから正式に申し込むか、返品するかを選ぶことができます。
  • 毎月1巻づつ自宅に届くので無理なく継続できる。
    初回セットのみ第1巻と第2巻の2つが届きますが、2ヶ月目以降からは1巻ずつ届きます。毎月 3 巻ずつ届く「パワーアップコース」毎月4巻ずつ届く「スーパーパワーアップコース」もあります。
  • CDは「中国語 - 日本語」と「中国語のみ」の2枚。
    中国語のあとに日本語の意味が流れる「中国語 - 日本語 CD」と中国語のみが流れる「中国語のみ CD」の2枚が入っています。
  • 月額4500円で中国語環境が作れる。
    初回セットは第1巻と第2巻が入っているので10,500円(送料込み)ですが、2ヶ月目以降からは4,515円という低価格で中国語環境を作ることできます。つまり、1日150円で中国語が勉強できるということです。
  • 月2回、電話で外国人スタッフと中国語で話せる。
    特典の1つである「フリートーク」を使えば、月2回まで電話で外国人スタッフによる会話レッスンや、発音アドバイスが受けられます。
  • 会報誌・情報誌が充実。
    中国語がもっと楽しくなる情報紙「もっとChinese」や受講者インタビュー、海外体験の楽しい話題や、知っていると得する情報がいっぱい掲載されている会報誌「ESPRIT CLUB」が届きます。
  • いつでも途中で解約できるし、再開もできる。
    なんらかの理由で継続できなくなった場合、電話1本でいつでも途中で解約できます。また、再開したい場合も、電話1本で解約したところから再開できます。
  • すでに85万人以上が受講している。
    スピードラーニングは85万人という非常に多くの人が受講しているリスニング教材です。


▲ クリックすると動画がスタート!

スピードラーニング中国語 CDタイトル一覧

住吉美鈴

リスニング教材はどんな内容になっているんですか?

河合良昭

スピードラーニングのリスニングCDの内容は、日常で使える会話がたくさんありますよ。そして、言葉だけでなく中国の文化や習慣まで知ることができるんです。1度で2度おいしい教材ですね!
以下のタイトル一覧を見てもらえば分かるとおり、多岐に渡る内容になっていますよ。
中国人相手にビジネスをしている人なら是非とも知っておきたい文化や習慣ばかりです。また、すぐに使える実用的なフレーズもたくさん収録されています。

【スピードラーニング中国語 CDタイトル一覧】
 1巻 日常会話(一)
 2巻 日常会話(二)
 3巻 旅行での会話
 4巻 文化の違い
 5巻 中国茶文化、医食同源
 6巻 買い物をする
 7巻 ビジネス会話
 8巻 中国の食文化
 9巻 中国の教育と学校
10巻 中国の年中行事
11巻 シルクロードの旅
12巻 コミュニケーション
13巻 中国の近代化の波
14巻 困ったときの中国語
15巻 東洋医学の不思議
16巻 変わりゆく農村風景
17巻 中国の国際結婚
18巻 中国の音楽
19巻 中国の武術
20巻 中国の交通事情
21巻 中国の世界遺産
22巻 外食文化
23巻 母なる河
24巻 中国の子ども
25巻 河は我がふるさと
26巻 文明の源
27巻 異国情緒のある都市
28巻 受け継がれる昔話
29巻 日本への架け橋
30巻 東洋の真珠・香港
31巻 伝統職人
32巻 世界の中の中国


スピードラーニング(中国語)のもっと詳しい説明を見る »

レンガを積み重ねていくうちに建物になる

住吉美鈴

河合さん、本日はお忙しい中、インタビューありがとうございました。最後に、これから中国語を学ぶ人に向けたメッセージなどはありますか?

河合良昭

そうですね〜。結局、継続することが重要だと思うんですよね。特に、語学は継続が一番需要なことだと思います。
だから、無理なく続けられる教材、生活リズムを変えることなく、生活の中に組み込むことができる教材を選ぶことがポイントだと思います。そういう意味では、スピードラーニングはオススメです。低価格で中国語環境を作れますから。

住吉美鈴

そうですよね〜。語学で挫折している人の一番の理由は、続かないことですからね。私たちは日本語環境で生活しているので、自分から中国語が自然と入ってくる環境作りが大切ですよね。そういった環境を継続して作ることが。

河合良昭

まさに、その通りです!バングラデシュの格言に

レンガ1つでは何もできない。しかし、積み重ねていけば、いつか大きなものとなる

という格言があるんですね。
つまり、1個のレンガの上にもう1個のレンガを積むと、徐々に大きくなり、最終的には建物になるという意味です。最初は何も意味をなさないレンガでも、積み重ねることことにって、人が生活できる建物にすることができるんですね。
語学もこれと一緒で積み重ねが大切だと思います!積み重ねるためにも、継続して学習できる教材を選ぶことが重要になるというわけです。

積み重ねが大事だから、継続して学習できる教材を選ぶことが重要。

住吉美鈴

なるほど〜!最後に名言まで飛び出してきました。河合さん、ありがとうございました!私も耳から学ぶスピードラーニングで中国語で会話ができるようにがんばります!

ビジネスの現場で実際に中国人と中国語で会話している
河合さんが使っているリスニング教材
スピードラーニング 中国語 »
▲今すぐクリック!