Apple Renames Itself, Unveils IPhoneという記事より

The next phase of Apple's plan to reinvent itself as a consumer electronics company was unveiled Tuesday by Apple CEO Steve Jobs, and it received a warm reception from Wall Street.

今日の英単語は「reinvent」です。発音

意味

(動詞) (既存の発明品や考案物に気付かずにそれと同じものを)再発明する、新たに考案する、改革する

例文

I decided that I very much wanted to reinvent my life, but I wasn't quite sure how to go about it."
「生き方を大きく変えたいと心から願っていることははっきりしていましたが、どういうふうに取り掛かればよいのかよく分かりませんでした」

スペースアルクより

今日は「reinvent」を取り上げます。

「invent」に「re」がついた形なので、「再びinventした」というニュアンスがあります。

「invent」は「発明する、創作する」といった意味ですね。

全訳はこんな感じでしょうか。

家電メーカーとして自己改革のためのアップルの次の計画が、火曜日にアップルの最高経営責任者スティーブ・ジョブスによってベールを脱いだ。そして、その計画はウォール街のアナリスト達から暖かく受け止められた。

アメリカでは、本日、Appleが携帯端末「iPhone」を発表しました。この記事は「iPhone」に関するニュースです。

この商品はAppleにとっては、iPodの次の主力製品となるくらいのインパクトがあります。

スティーブ・ジョブスが「iPhone」を発表した直後に、Appleの株価が8%も上がったということですので、株主の評価も高いということが分かりますね。

では、なぜ、「reinvent(自己改革)」なのか?

それは、今までパソコン関係のサービスしか扱ってなかったAppleが、「iPhone」により携帯事業にも参入するということになりました。

社名も「Apple Computer Inc.」から「Apple Inc.」に変更するということです。

「Computer」を削除したんですね。

これが「reinvent(自己改革)」、つまり、あらたに生まれ変わったAppleというものを象徴しているのでしょう。