The search engine scene in 2015という記事より

Google still going strong, Yahoo and Microsoft tie the knot

今日の英単語は「knot」です。発音

意味

(名詞)
[1] 結び、結び目、節、木節、考え事をしたり意識を集中したりするときにできる眉間のしわ
[2] 緊張、締め付けられる感じ、筋肉や神経が緊張してこわばっていること、(肩などの)凝り
[3] 《医》結節
[4] 《海事》ノット ※【略】kt / kn ※時速1852メートル(=1海里)
[5] 難題、難局、困難、厄介事
[6] きずな

(動詞)
[1] (ひもなどが)もつれる
[2] (ひもなどを)結ぶ、もつれさせる

スペースアルクより

今回の文章は「tie the knot」という表現がポイントのようですね。

2本のひも(糸)で結び目を作る様子から「結ばれる」そして、「結婚する」という意味が「tie the knot」にはあります。

しかし、今回の場合はYahooとMicrosoftなので、結婚するではおかしいでしょう。

2つの企業が結婚するということは、「合併する」「提携する」というニュアンスだと思います。

という訳で、今回の訳はこんな感じでしょうか。

グーグルは依然として強く、ヤフーとマイクロソフトは提携している。

今回の記事は、2015年の検索エンジンのトレンドを予測した記事になります。

欧米では、日本と違い、検索エンジンではGoogleが圧倒的なシェアを握っています。日本ではYahoo! Japanですね。

そして、2015年になっても、Googleは依然として、一人勝ちだろうという予測をしているということですね。