ちょっとマイナーだけど、知っていたらちょっとだけカッコイイ英単語を紹介します!

日本人は英語の文法はかなり知っている方と言われています。

しかし、多くの日本人は英語が喋れません。むしろ、コンプレックスになっている人が多いように感じます。

そんな日本ですから、英語がちょっと喋れるだけでも尊敬されます。

尊敬されなくても、海外旅行に行った時などは、英語ができた方が楽しめます。

ありきたりな基本的な単語は、アマゾンや本屋で単語帳を買って丸暗記すればいいと思います。

当サイトでは、日本人があまり使わなそうな、ちょっとだけマニアックな英単語を取り上げてみたいと思います。

知っていると、ちょっとだけライバルと差別化できるような、そんな単語です。

たとえば、「旅」を英語で言うには、「travel」だけでなく、「trip」と「journey」という言い方もあります。

この「旅」を意味する3つの英単語の微妙な違いを知っておくと、それだけでちょっとだけ英語を楽しめますよね?

外国人と英語で話す時とかも、一般的な日本人が使わないような単語を使うだけで、相手は「おっ、コイツは英語がけっこうできるな!」と思うかもしれませ。

逆に、外国人が「それは温故知新ですね!」と言ったら、「この外国人スゲェー!」って思うじゃないですか!笑

※温故知新・・・前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。

ちなみに、当サイトは英語初心者向けに、知っておくとカッコイイと思われる英単語を紹介します。

中級者以上なら、当然知っている単語ばかりなので、そのレベルの人にとっては別にかっこよくもなんでもないと思われます・・・。