初対面の人と自己紹介を兼ねて挨拶する英語フレーズ

Pocket

今回から復習も兼ねて、私が英会話教室「GABA」で学んだ英会話フレーズをシェアしたいと思います。

初回は「初対面の人と自己紹介を兼ねて挨拶する英語フレーズ」です。

ビジネスでもプライベートでも、初対面の人とは自己紹介をしながら挨拶をします。

ビジネスの現場では、名前だけでなく、どこの会社のどの部署、何の責任者なのかといったことも説明する場合もあります。

たとえば、以下のような設定だとします。

  • 名前:鈴木 太郎
  • 社名:株式会社ユニバーサル
  • 部署:マーケティング部門

まずは、名前を名乗ります。

Hi, I’m Taro Suzuki.(こんにちは、鈴木太郎です。)
Nice to meet you, I’m Taro Suzuki.(はじめまして、鈴木太郎です。)
Let me introduce myself, I’m Taro Suzuki.(自己紹介をさせて下さい。私は鈴木太郎です。)

「Let me 動詞」というフレーズは、覚えておくと便利です。

「Let me ask you about 〜.」だったら「〜についてお伺いしたいのですが。」となります。

質問された時に即答できない時などは「Let me think…(ちょっと考えさせて下さい)」などと言えます。

会社名を付け足して自分の名前を名乗りたい時は、「with 会社名」を付け足します。

Hi, I’m Taro Suzuki with Universal corporation.(こんにちは、ユニバーサルの鈴木太郎です。)

通常、会社には様々な部門があります。たとえば、会計部門、デザイン部門、マーケティング部門などなど。

自分が携わっている部門について話すことで、相手に何を担当している人なのか伝えることができます。

I work in the marketing department.(私はマーケティング部門で働いています。)

会社名の場合は「with」なのに、部門の場合は「in」を使うところが、日本人にとっては難しいところだと思います。

私の場合は、あまり深く考えずに、とりあえず「そういうものなんだ」と丸暗記するようにしています。

また、部門の前に「the」を付けるところも難しいですね。この「the」がないと、ネイティブは変な風に感じるそうです。

私は、よく「the」「a」といった冠詞のつけ忘れをしてしまいました。。ちなみに、冠詞は英語では「article」と言います。

マーケティング部門でも、さらに担当分けがあります。たとえば、ディレクターだったり、マネージャーだったり、アシスタントだったり。

こういった情報を付け加えて自己紹介することにより、相手に自分の社内でのポジションを伝えることができます。

I’m the Marketing Director.(私はマーケティングディレクターです。)

さらに、隣にいる部下を紹介する時もあると思います。

This is Toshiba Kimora, he is the project manager.(彼はプロダクトマネージャーの木村俊哉です。)

ビジネスの現場では、取引先との自己紹介や挨拶は絶対に必要なので、こういった英語フレーズは覚えておきたいところです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です