マンツーマン英会話学校に通って英語をイチから学び直すことに!

Pocket

最近、仕事で英語を話す機会が何気に増えてきました。

しかし、私の英語は大学時代から成長していません・・・。

元々、海外旅行が好きなので、多少は話せるんですが、あくまでも多少であって、しっかりと相手の言っていることを聞き取ることはできないし、自分が言いたいこともちゃんと伝えることができません。。

そこで、思い切ってマンツーマン英会話に通ってみようと思いました。

ちょうど、4月で何かを始めるのにはいい時期だと思ったので。

仕事以外でも、プライベートで海外旅行に行った時も、英語がもっと話せるようになれば、もっと海外旅行が楽しくなりますからね。

というわけで、先月、マンツーマン英会話スクールの「無料お試し体験」を受けてきました。

ネットで探してみたところ、以下の3つの英会話学校が目に止まりました。

3つとも素晴らしかったのですが、無料体験レッスンを受けた上で、3つの英会話教室の特徴や違いについて簡単にまとめたいと思います。

GABA

GABAは「ガバ」と読みます。私は最初「ギャバ」と読んでいました。。

GABAは3つの中では、一番雰囲気が明るいというか、大学のキャンパスのような雰囲気でした。

プライベートレッスンがメインで、個別のブースで講師と2人で授業をします。

個室ではなく、上が空いているブースなので、近くの人の声が聞こえてきて、すごく賑やかで活気がある感じでしたね。

講師の数は3つの中で一番多いようです。それだけ選択肢の幅が広がりますが、講師によるレッスン内容の質のバラツキも出てくると思われます。

あと、フタッフさんが若かったです。若いけど、しっかり教育されていて、安心して相談することができました。

カウンセラーもかなり親身に相談に乗ってくれます。

ベルリッツ

ベルリッツは3つの中で一番ビジネスっぽい雰囲気でした。

教室内の雰囲気もちょっと照明を落とした感じで、大人な雰囲気でした。

ベルリッツは個室なので、周囲の声はあまり聞こえてきません。ホワイトボードもあります。

講師は正社員のようで(GABAは契約社員)、講師選択に非常に力を入れているそうです。

あとは、単語で答えるのではなく、フレーズでしっかり答えられることを重視したレッスン内容でした。

私もそうですが、英語があまり喋れない人って単語ひとことで答える傾向があります。

Good!とかFine!とかDelishous!とか。

でも、ベルリッツでは「That’s good!」や「This is delicious.」とフレーズで答えることを求めます。(実際はもっと本格的な英語でしたが、ちょっと忘れてしまったので、ここでは思いついた例を使っています。)

省略して答えるとしても、省略しない言い方を理解した上で省略できた方がいいですからね。

ベルリッツは135年くらいの歴史があるので、今までの経験で社内に英語を学ぶノウハウがしっかりと植え付けられている印象を受けました。

なので、講師によって内容の良し悪しのバラツキが一番少ない英会話スクールと言えるかもしれません。

coco塾

coco塾はマンツーマンというよりも、3人のグループレッスンがメインのようです。

マンツーマンレッスンももちろんありますが。

初回無料レッスンでは、カウンセリングがかなり熱心に今後の勉強スタイルについて相談にのってくれます。このあたりはGABAと同じです。

マンツーマンだと料金が高くなるので、料金を抑えたグループレッスンならcoco塾は良いかもしれません。

ただ、3つの中で一番講師の人数が少なかったですね。

講師が少ないということは、それだけ選択肢が少ないということなので、予約が取りづらいとかあるのではないでしょうか?

また、coco塾のテキストは海外の語学学校で使われているものを使っていて、独自で制作していないので、そのぶん他社に比べて安くなっています。

料金比較

料金はベルリッツが3つの中で一番高いようです。

GABAとcoco塾は親会社が「ニチイ学館」で同じ会社内なので、料金はほぼ同じです。

ベルリッツは日本で初めてビジネス英語をマンツーマンで学ぶというスタイルを始めた英会話学校なので、そのぶん後発のGABAとcoco塾は少し安くして対抗しているのだと思われます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です