私がGABA、ベルリッツ、coco塾の中からGABAを選んだ理由

Pocket

先月、「GABA」「ベルリッツ」「coco塾」の3つの英会話学校の無料お試しレッスンを受けてきましたが、結局、GABAに通うことにしました。

ベルリッツとGABAで迷ったのですが、料金が少し安かったのと、なんとなく雰囲気が私と合っていると感じたので、GABAにしました。

3人ほどのグループレッスンならcoco塾もいいかもしれません。

ただ、マンツーマンならGABAかベルリッツということになると思います。

ビジネス英語だけにフォーカスして、きっちりと学びたいならベルリッツの方がいいかもしれません。

私の場合、ビジネス英語だけでなく、日常生活の中でも使えるようなフランクな英語も学びたかったのでGABAを選びました。

あとやっぱり料金が大きいですね。

マンツーマン英会話って、とにかく料金が高いです。勤めている会社がいくらか持ってくれるならいいですが、私の場合は会社から出してもらうことはできませんし、一般教育訓練給付制度も使えないので、全ての料金を自分で払うしかありませんでした。

なので、まずは小さく始めようと思っていました。というのも、最初に1年コースに申し込んでも、途中で「なんか違う・・・」と思って通わなくなる可能性もあるからです。

さらに、仕事が予想以上に忙しくなって、あまり通えなくなってしまうかもしれません。

なので、そういった時のことも考慮して、まずは小さく始めることにしました。

選んだコースはデイタイムプラン

私は「レギュラープラン」よりもレッスン単価が安い「デイタイムプラン」を選びました。

両者の料金は以下の通りです。

プラン 受講回数 有効期間 料金(税込) レッスン単価(税抜)
レギュラープラン 45回 6ヶ月 345,060円 7,100円
デイタイムプラン 60回 8ヶ月 385,560円 5,950回

HPに載っているプランと料金は受講回数と有効期間が様々なので、「1回あたりのレッスン単価」で料金を比較するといいと思います。

また、HPに掲載しているプラン以外も実際にはあります。

これはGABAだけでなく、ベルリッツもcoco塾もそうなのですが、HPには全てのプランを掲載していないようです。

実際に無料お試しレッスンを受けにきた人だけでに、その人にあったプランを勧めてもらえます。

基本的に通う期間が長くなればなるほど「1回あたりのレッスン単価」は安くなるようです。

そのぶん、最初に払う総金額は上がりますが。

私が選んだプランは「デイタイムプラン(60回/8ヶ月)」です。

GABAのデイタイムプランはレギュラープランに比べて安いですが、「平日9:15~17:30開始のレッスン枠」という制限があります。

やはり、働いている人が多いので、平日夜と休日が混みあうようです。

平日の午前中〜夕方は空いているので、そのぶん料金が安くなっているようです。

総費用はいくら?

英会話学校は「プラン料金」だけでなく、「入会金」と「テキスト代」がかかります。

GABAの場合、「入会金」が30,000円(税抜)、「テキスト代」が18,000円(税抜)です。

なので、合計の総費用は税込で以下のようになりました。

  • 入会金:32,400円
  • テキスト代:19,440円
  • プラン料金:385,560円
  • 合計:437,400円

私は50万円以内に抑えたいと思っていたので、このプランにしました。

とりあえず、8ヶ月間、みっちりとビジネス英語を学んで、その後のことはその時になったら考えようと思います。

継続もできますからね。もっと上のレベルを狙いたい人は、ずーと継続する人もいるようです。

継続する際は、もちろん入会金は必要ありませ。

ただ、1つのコースを卒業して、上のコースに行く場合はそのコースのテキストをまた買う必要があります。

正直、テキスト代はかなり割高だなという印象を受けました。

3,800〜5,000円くらいにして欲しいですね。2万弱は高すぎませんか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です