電話での英語表現で覚えておきたいフレーズ

Pocket

Gabaで電話での英語表現について学んだのですが、電話ってジェスチャーが使えない分、自分が言いたいことを伝えるのが難しいですよね。。

それ以前、電話特有の英語表現もありますし。

今回は「電話での英語表現で覚えておきたいフレーズ」をシェアしたいと思います。

電話での英語表現

まず、日本語の場合、電話を受け取った時に「もしもし」とか「はい、◯◯です」といった言葉から始まりますが、英語だと

Good afternoon. Sonny Inc. This is Yamada.(はい、株式会社◯◯の山田でございます)

といった感じで、「This is 名前.」となります。

これは電話を受け取った時だけでなく、自分から電話をかけた時にも「◯◯ですが、」と自分の名前を伝える時にも使えます。

あとは、電話を受け取った時は、

Good afternoon, Yamada speaking. (はい、山田でございます)

といった表現も使います。

また、話したい相手とは別の人が出た場合には、「佐藤さん、いらっしゃいますでしょうか?」「申し訳ございませんが、佐藤さんに代わって頂けますか?」と日本語では言ったりしますが、英語では

Could I please speak to Mr. Sato?

と言います。

前回の丁寧な表現ですね。

佐藤さんが外出中の場合は、電話の相手は「申し訳ございませんが、佐藤は只今、外出中でございます。」などと言いますが、英語では

I’m afraid that Mr. Sato is out of the office.

と言います。

話したい相手が何らかの事情で電話に出られない時は、メッセージを残したい時があります。

そんな時は、

Could I leave a message for Mr. Sato?(佐藤さんにメッセージを伝えて頂けますか?)

と言います。

逆に、電話に出た相手が「メッセージなどございましたら、お伝えしますが。」と言いますが、英語では

Can I take a message?

Would you like to leave a message?

などと言います。

あと、電話番号や住所を尋ねて、それを確認のために繰り返したい時があります。

そんな時は、

I’ll read your message back to you.(メッセージを繰り返します/確認のため復唱いたします)

などと言います。

いやぁ〜、たくさんあって、覚えるのが大変ですが、ビジネスでは電話も必ず使いますからね。

少しずつ、使いこなしていきたいと思います!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です